サロンで集客はできても、赤字経営に… | 負の事例と解決策を解説

サロンオーナー

毎日新規集客はできて、お客さんはそれなりに来るんだけど、お金が残らないよ…。

ほぼ休みもないし、きついな…。

それは厳しいですね、今はどこからの集客なんですか?

ツルミ

サロンオーナー

ホットペッパー ビューティーだよ!リピートは10人に1人くらい…。
なんと…。それはきついですね。

突破口を一緒に考えていきましょうか。

ツルミ

 

今回は、「集客は一見上手くいってるけど、なかなかリピーターが定着しないし、頑張ってる割にお金も残らない…」そんなお客さんのお悩みを解決していきます。

私もサロンをはじめとする店舗さんのお悩みを毎月数十件と聞いてますが、このパターンの悩みの共通項は「ポータルサイト」の新規集客に依存し切っていることです。

ポータルサイト集客は、広告費が高く、クーポン等で施術代も安くなりがちです。そして、お客さんは定着しないでまた別のお店に新規で行ってしまいます。

この記事では「ポータルサイト依存」から抜け出し、ポータルサイト集客が抱えている問題を解決できるような、集客手法を解説していきます。

 

サロンで集客はできても、赤字経営に… | 負の事例と解決策を解説

まずはざっくり結論を!

ざっくり結論
  • 「ポータルサイト」依存は、負の連鎖になるから注意
  • コストのかからずに負の連鎖を断ち切るには「クオリティマーケティング」
  • オススメの自社集客・リピート対策は「MEO / SNS」で

 

早速ポータルサイト以外の集客方法を…といきたいところですが、

ここでは先にポータルサイトの構造の何がよくて、何がいけないのかをはっきりさせておきましょう。

 

サロン集客でポータルサイトを使うメリット

メリットは3つ。

  1. 集客の即効性が高い
  2. 店舗の信頼を得やすい
  3. 新規集客に特化してる

 

集客の即効性が高い

ポータルサイトを使う1番のメリットは、既に一定のアクセス数、利用者数がいるため集客の即効性が高い点にあります。

実際に、国内最大級の美容系ポータルサイトである、ホットペッパービューティーの年間予約数は1億件以上あります。エリアや広告費にも寄りますが、徐々にというよりは掲載したらすぐに効果が現れやすいです。

 

店舗の信頼を得やすい

知名度の高いポータルサイトに掲載されることで、店舗の信頼獲得につながるというメリットもあります。

もちろん信頼感は、他のものでも補えますし気にしない人もいます。しかしお客さんの一定数は、「安心感」というニーズがあるのも事実でしょう。

 

新規集客に特化している

ホットペッパービューティーを利用すると、新規の方向けのクーポン等を使いサービスを受けられます。

新規を集めるのはとても大変なので、お店側のメリットになりますよね。そしてここからの流入をいかにリピートしていただくかが非常に大切です。

その辺りを具体的に書いた記事をアップするので、お楽しみに。

 

この辺りのメリットや使い方は、以下の記事でも詳しく解説しています!

サロン集客の王 | ホットペッパービューティーの掲載から集客まで解説

 

サロン集客でポータルサイトを使うデメリット

もちろんポータルサイトを使うことによるデメリットもあります。

 

  1. 掲載料プランが低いとそもそも集客しづらく
  2. クーポン目的の顧客が多く、リピートが困難
  3. 価格競争に巻き込まれる
  4. 依存させやすい構造
  5. 予約ごとにコストがかかる
  6. 自分のサイトがSEOで下になる

 

 

掲載プランが低いとそもそも集客しづらい

まず1つ目として、知名度が高いポータルサイトを使う程、掲載料が高くなります。

知名度が高いと、掲載店舗数も増え、ポータルサイト内で他店よりも上位表示されるために、高額な掲載料を払う必要がでてくるからです。

そして大手サロンはブランドもあるため、ほぼ必ず上位プランを使います。この掲載料を吊り上げるには、それ以外の個人店や、小さな店舗と価格競争にさせる必要がありますよね。

 

サロンオーナー

うう…。先に出せるお金の勝負じゃ勝てっこないよ…。

 

クーポン目的の顧客が多く、リピート率が低い

クーポン目的、すなわち「安くサービスを受けたい」という顧客が多いです。

そのため、リピートして2回目以降は価格が上がるため、また安くて新しいお店にいく人が多い傾向にあります。

ここの覚悟はした方が良いでしょう。こうしたポータルサイトからだと、新規からのリピート率は30%程度だと言われてます。

 

価格を下げざるを得ない

主にクーポンは、当たり前ですが通常より安くサービス提供しなければいけません。

特に、他店舗と比較して「クーポンで安いところに行こう!」としてるお客さんが多いので、下げざるを得ません。

 

依存させやすい構造

こうした一人当たり非常に少ない利益のために働く必要があります。それに加えて、予約システムも使いやすく、ホットペッパー以外の流入のお客さんと分けるのがシステム上難しいです。

ポータルサイトを使い続けないと新規のお客さんがこなくなってしまう、顧客管理システムの利便性が失われてしまう…。

こうした状況がさらに、ポータルサイト依存を強くさせます。

 

予約ごとにコストがかかる

ホットペッパーであれば、掲載料とは別に予約ごとに2%のコストが掛かります。

ユーザー側がもらえるポイント相当分です。

 

自分のサイトがSEOで下になる

そして、ホットペッパービューティーのサイトパワーが強いため店舗名で検索してくれたお客さんがまずホットペッパーに行ってしまいます。

こうした中で、本来直できてくれるはずのお客さんまでコストが掛かり、クーポンを使われてしまうホットペッパーから問い合わせる、という形になります。

 

サロン集客が負のスパイラルになってしまうのはなぜ?

 

サロンオーナー

デメリットがたくさんあるのは分かったよ…。

でもお客さんはたくさん来るのに、なんでサロンの利益が残らないの!

 

結局サロン経営で利益を上げるためには、売上を増やすか費用を削減する必要があります。

以下を見てください。

サロンの利益
利益 = 売上(客単価×お客さんの数) − 費用(固定費+変動費)

 

ポータルサイトを利用することで、掲載料(費用)が毎月かかってきます。

また、クーポン利用などで客単価も下がるため、お客さんはたくさん来るのに売上は低いという状況になります。

 

売上が下がり費用が上がるため、利益が小さくなり、経営が圧迫されるということです。

 

サロンの利益を上げるために、ポータルサイトを使って集客しているのにこれでは負のスパイラルですよね。

 

それを解決するには、「広告費をかけない新規取得」「リピートの仕組み」を考えることが重要です。

この2つはクオリリティーマーケティングで達成できます。

 

 

サロンで集客の切り札「クオリティマーケティング」とは?

 

サロンオーナー

クオリティマーケティングって何?聞いたことないよ…。

 

クオリティマーケティングとは、質の高いコンテンツ、つまりはユーザーにとって価値のあるコンテンツを発信することで、ユーザーを集めるマーケティング手法のことです。

ポータルサイトのように、高額の掲載料を払えば上位に表示される「オークションマーケティング」とは正反対ですよね。

 

それでは具体的にどのような手法があるのでしょうか?

この記事では以下の2つの手法について解説していきます。

  • MEO
  • SNS(インスタ・Facebook)

 

MEOとは?どこが大きくメリットなの?

 

サロンオーナー

MEO…。また知らない言葉!!
大丈夫です!順番に分かりやすく説明していきます。

ツルミ

 

MEOとは?

MEO(Map Engine Optimization)とは、マップエンジン最適化のことで、

Googleマップにおける検索エンジンで、上位表示させるための様々な施策のことです。

 

サロンオーナー

うーーん…。説明を聞いてもいまいち分からない!

 

例えば、あなたが渋谷のネイルサロンを探しているとしましょう。

その時、Googleマップ上で、「渋谷 ネイルサロン」のキーワードを検索しますよね。

 

この赤線で囲まれている部分が、Googleマップの検索エンジンによって順位づけされ、表示されています。

ここで上位に表示されるように、様々な対策をすることがMEOというわけです。

 

MEOのメリットとは?

Googleマップで多くの人は「地域名+店舗」で検索をかけます。

つまりMEO対策をすることで、地域に紐づいた質の高いお客さんを獲得できるということです。

しかも無料で始められるので、「広告費をかけない新規取得」も達成できますね。

 

具体的な始め方もGoogleマイビジネスに情報を登録して審査をするだけなので、是非やってみてましょう!

このマイビジネスへの登録は、こちらで具体的にやり方を解説しました。

▶︎ サロン集客の広告費ゼロへ | カギとなる集客手法「MEO」を完全解説【前編】

 SNSを使うメリットは?

次にSNSについて説明していきます。

 

サロンオーナー

何のSNSを使えばいいんだろ?
インスタグラムとFacebookがオススメです!

ツルミ

 

インスタは若い女性に人気のあるSNSで、サロン集客のメインターゲット層ともかなりマッチします。

Facebookは店舗ページを持つことができたり、お客さんと密なコミュニケーションがとれるため、優秀なビジネスツールになります。

 

サロンオーナー

オススメは分かったけど、SNSは趣味でしか使ったことないよ…。

本当にSNSを使う必要があるの?

SNSで集客するからこそ意味があるんです!!

ツルミ

 

SNSで集客することの最も大きなメリットは、あなたのファンを作れることです。

単純接触効果という心理学の法則を聞いたことがあると思いますが、人間はヒトやモノに接すれば接する程、その対象を好きになります。

これを応用して、SNS上でお客さんの投稿にコメントしたり、誕生日にお祝いメッセージを送ったりするといいでしょう。

 

このようにあなたのファンを増やすと、「リピートの仕組み」を作ることができます。

ファンは他に安いお店が見つかったからといって、あなたのお店から離れることはありません。

「あなたのお店の安さ」ではなく「あなた」に価値を感じて来てくれるからです。

 

 

まとめ

今回はサロン経営において赤字になってしまう理由と、それを解決するためのマーケティング手法について解説しました。

ざっと復習していきましょう。

 

ざっくり復習
  • 「ポータルサイト」依存は、負の連鎖になるから注意
  • コストのかからない自社集客・リピート対策は「クオリティマーケティング」で
  • オススメの自社集客・リピート対策は「MEO / SNS」で

 

「広告費をかけない新規取得」「リピートの仕組み」を作っていくことが重要でしたね。

そして、ここまで読んでくれたあなたに実際にアクションプランをご用意しました。

 

アクションプラン

Googleマイビジネスに情報を登録しましょう。

インスタグラムとFacebookのアカウントを作り、Facebookの方では店舗ページを作ってみましょう。

もしできたら私のSNSにも送ってみてください、可能な限りフィードバックしますね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です