エステサロン開業に資金はいくら必要? | 準備のポイントを優先度も含めて解説

サロンオーナー

エステサロンを開業したいんだけど、資金はどれくらい必要なのかな?
どういう形態で開業するかによって必要な資金は大きく変わってきますね。

ツルミ

 

サロンの開業費用は、開業のケースによって異なります。

今回の記事では、それぞれの開業形態に必要な資金はいくらか、そして必要なものを優先度も含めて解説していきます。

 

 

エステサロン開業に資金はいくら必要? | 準備のポイントを優先順位別に解説

結論、開業スタイルによって資金は変わります。

エステサロンの開業資金
  • 自宅開業なら、30万円〜
  • テナント(商業施設内)なら、360万円〜
  • 賃貸マンションなら、120万円〜

 

サロンオーナー

なんでそこまで開業費用に差が出るの?
開業スタイルによって、物件まわりの費用と内装工事の費用が大きく変わってくるからですよ。

ツルミ

 

まずは、開業スタイルに関係なくかかるコストについて確認しましょう。

 

主な設備・備品導入費用(基本1つあたりの値段)

項目 金額 優先度 備考
施術用ベッド 1万円〜 必要
施術用チェア 3千円〜 必要
ワゴン 5千円〜 必要
エステ機器 1万円〜 必要 スチーマーの価格。メニューによっては大幅に価格が上下する。
消毒器 1万円〜 必要
施術用ウェア 5千円〜 必要
タオルウォーマー&クーラー 1万5千円〜 あった方が良い 冷蔵庫やレンジで代替可。しかし、衛生的に△
ガウン 2千円〜 あった方が良い
スリッパ 1千円〜 あった方が良い 3足
パソコン 5万円〜 あった方が良い 顧客管理用
洗濯機 20万円〜 持っていない場合必要 乾燥機付きが良い
ドライヤー 1万円〜 持っていない場合必要

 

優先度で「必要」としたものだけを合わせると、「4万3千円〜」ですね。

 

サロンオーナー

意外と安いんだね!
あくまで最低限のものの合計なので気をつけてください!(笑)

エステサロンのメニューによっては、設備費用がかなり高くなります。

ツルミ

 

特にエステ機器については、スチーマーのみであればそこまでですが、脱毛機や美顔機のように数百万円単位のものも存在します。

 

主な消耗品

消耗品は以下のようなものがあります。

主な消耗品
  • タオル類(タオルケット・バスタオル・フェイスタオルなど)
  • シーツ類(大判シーツ・ペーパーシーツ・フェイス用シーツなど)
  • 紙ショーツ・ペーパーブラ
  • 化粧品
  • カルテ・契約書
  • 予約ノート
  • コットン・ガーゼ
  • エステボール・スパチュラ類
  • スポンジ
  • マスク
  • マグカップ・茶葉など

 

一度購入すると長く利用できるものも多いですが、初期費用がかかるので、5〜10万くらいは用意しておきましょう。

 

 

① 自宅開業のサロンで必要な資金と優先度

それでは自宅サロンで必要な資金を見ていきましょう。

 

最低限、必要になる資金は、「30万円」。

あると集客面で有利になる開業資金は、「60万円〜」です。

 

大体の予算は以下の通りです。

項目 金額 優先度 備考
備品導入費 5万円〜 必要 洗濯機など最低限のものはそろっていると仮定。
消耗品 5万円〜 必要
内装工事費 20万円〜 必要
宣伝広告費 30万円〜 あった方が良い ホームページ、SNS、MEOなど。

 

自宅サロンの開業メリット

自宅サロンの最も大きなメリットは、固定費を限りなく少なくできるところです。

人を雇わなければ人件費もゼロで、家賃も払う必要がないので、自己資金は3つの開業スタイルの中で最も低くなっています。

 

自宅サロンの開業デメリット

一方、自宅サロンは店舗の場所が分かりにくく、立地の面で不利になることが多いです。

また、不特定多数の人に住所を知られるわけにはいかないため、大々的な広告を打ちづらいです。

以上のような点から、集客という面ではかなり難易度が高くなります。

 

 

② テナント(商業施設内)開業のサロンで必要な資金と優先度

次にテナントのサロンで必要な資金を見ていきましょう。

 

最低限、必要になる資金は、「360万円」。

人を雇う場合は人件費、採用費、さらには備品導入費も増えるので、「500万円〜」程用意した方がよいでしょう。

 

大体の予算は以下の通りです。(10坪のスペースを借りると仮定)

項目 金額 優先度 備考
備品導入費 25万円〜 必要 洗濯機やドライヤーなど新しく用意すると仮定。
消耗品 5万円〜 必要
敷金または保証金 20万円 必要 家賃の1ヶ月分
礼金 20万円 必要 家賃の1ヶ月分
家賃 120万円 必要 家賃の6ヶ月分
物件仲介手数料 20万円 必要 家賃の1ヶ月分
内装工事費 150〜200万円 必要 内装にこだわりたい場合高くなる
宣伝広告費 30万円〜 あった方が良い ホームページ、SNS、MEOなど
人件費 20万円〜 1人でやる場合不要 1人を1月雇う場合
採用費 10万円〜 1人でやる場合不要 1人雇う場合

 

テナントサロンの開業メリット

テナント(商業施設内)で開業するメリットは、常に一定の集客が見込めることです。

商業施設に来店してくれるお客さんが多数いるため、その内の一部がエステの顧客になってくれることでしょう。

 

テナントサロンの開業デメリット

テナントのデメリットは開業コストが高くなることです。

敷金礼金や内装工事費、賃料も発生するため、それなりにまとまったお金が必要になります。

 

サロンオーナー

とてもじゃないけどテナントでサロンはやれそうにないな…。
以前エステとして使われていた「居抜き物件」が見つかれば費用を抑えることは可能ですよ。

ツルミ

 

実際に「居抜き物件」の場合、内装工事費を半分以下にできる場合もあります。

 

また、どうしても資金が足りない場合は、国が実施している「助成金・補助金制度」も複数あるので、確認してみてください。

▶︎サロン開業はお金の準備も必須 | 国の制度を上手く利用して後悔ゼロへ

 

 

③ 賃貸開業のサロンで必要な資金と優先度

最後に賃貸マンションで必要な資金を見ていきましょう。

 

最低限、必要になる資金は、「120万円」。

内装に力を入れて、プライベートサロン感を出したい場合は「200万円〜」程用意した方がよいでしょう。

 

大体の予算は以下の通りです。

項目 金額 優先度 備考
備品導入費 25万円〜 必要 洗濯機やドライヤーなど新しく用意すると仮定。
消耗品 5万円〜 必要
敷金または保証金 8万円 必要 家賃の1ヶ月分
礼金 8万円 必要 家賃の1ヶ月分
家賃 48万円 必要 家賃の6ヶ月分
物件仲介手数料 8万円 必要 家賃の1ヶ月分
内装工事費 20万円〜100万円 必要
宣伝広告費 30万円〜 あった方が良い ホームページ、SNS、MEOなど
人件費 20万円〜 1人でやる場合不要 1人を1月雇う場合
採用費 10万円〜 1人でやる場合不要 1人雇う場合

 

賃貸サロンの開業メリット

賃貸マンションで開業するメリットは、自宅サロンとテナントサロンのデメリットを補った経営ができる点です。

実際に、テナント開業よりも費用が抑えられて、自宅サロンよりも色々な情報(住所など)を公開することができます。

さらに、プライベートサロンのような空間を作ることができるのもメリットです。

 

賃貸サロンの開業デメリット

賃貸マンションで開業するデメリットは、そもそもサロン開業できるようなマンションが少ない点です。

不特定多数の人が出入りするわけなので、大家さんの許可を得ることが難しいです。

 

注意
賃貸マンションで大家さんの許可を取らずに開業した場合、後から強制退去になったり、違約金が発生することがあるので注意です。

 

 

まとめ

今回は、3つの開業ケースについてそれぞれに必要な資金と、メリット・デメリットについて解説しました。

ざっと復習しましょう。

サロンの開業資金
  • 自宅開業なら、30万円〜
  • テナント(商業施設内)なら、360万円〜
  • 賃貸マンションなら、120万円〜

 

最後に、ここまで読んでくれたあなたに実際にアクションプランをご用意しました。

 

アクションプラン

あなたのサロンの開業に必要なものを全て書き出し、開業資金を具体的に計算してみましょう。

もしできたら私のSNSにも送ってみてください、可能な限りフィードバックしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です