サロン集客の広告費ゼロへ | カギとなる集客手法「MEO」を完全解説【前編】

サロンオーナー

サロン集客において「MEO」がすごく大切なんだよね!
よく覚えてました!

SNSとMEOを活用することによって個人でも広告費をかけずに集客できるんでしたね。

ツルミ

サロンオーナー

でもMEOでは具体的に何をしていけばいいの?
少し長くなりますが順番に解説していきます

ツルミ

 

今回の記事では、MEOを利用する具体的なメリット、MEO対策をする上での基準、MEOを利用するための準備について順を追って説明していきます。

 

MEO対策をする上での基準については、集客効果の高い項目にしぼって解説していきます。

そのため、一つ一つの細かい機能については解説しません。

しかし「MEO対策」で、どの部分を重点的に設定・運用したら良いのか理解できるような記事になっているので、是非最後までお付き合いください!

 

 

サロン集客の広告費ゼロにしてくれる集客手法「MEO」とは?

ざっくり結論
  • 小規模なサロンはクオリティ評価の「MEO」で集客
  • MEOの第一歩は、「Googleマイビジネス」を正しく登録すること
  • MEO集客の「3つの仕組み」を知ろう
  1. 関連性:ユーザーの検索語句とマイビジネスへ登録した情報がどれくらい一致するか
  2. 距離:検索語句で指定した場所、もしくは検索ユーザーの現在位置からの距離
  3. 知名度:ビジネスがどれくらい広く知られているか、また、口コミやスコアなど

 

以前、以下の記事で解説しましたが、MEOとは何か覚えていますか?

▶︎サロンで集客はできても、赤字経営に… | 負の事例と解決策を解説

 

もう一度説明しますが、MEO(Map Engine Optimization)とは、マップエンジン最適化のことです。

これだけ言われても分かりにくいと思うので、以下の画像を見てください。

 

Google検索で「渋谷 サロン」を検索すると、検索結果の上の方に赤枠のような地図と店舗名が出てきます。

ここで上位に表示されるように、様々な施策を打つことをMEOと呼びます。

 

MEOは、コンテンツの質によって順位付けされます。

よって、大量の資金が無い、個人レベルのサロンを運営している人にとって、有効な集客手段でしたね。

 

MEO対策を始めるためには、あなたのサロンをGoogleマイビジネスに登録する必要があります(登録の仕方は後述します)。

マイビジネスに登録することによって、Googleマップ上にあなたのサロン情報が表示されるのです。

 

ここまでのポイント
  • Googleマップはマイビジネスと連動して表示される
  • あなたのサロンのマイビジネスを上位表示させて集客に繋げよう
  • マイビジネスを上位表示させるための対策を「MEO」という

 

 

サロン集客で「MEO」を採用する9つのメリット

サロンオーナー

MEOについてはちゃんと思い出せたけど、そもそもなんでMEOを利用するんだっけ?
MEOを利用するメリットはたくさんありますよ。以下で順に解説していきます。

ツルミ

 

サロン集客で「MEO」を採用する10個のメリット
  1. マイビジネスは無料で集客できる
  2. MEOの上位表示の仕組みは対策できる
  3. 地域密着型の店舗と相性バツグン
  4. 検索結果が最上位にくる
  5. 効果が分かりやすい
  6. 新規だけでなく、リピーター獲得もできる
  7. 競合が少なく、勝負しやすい
  8. スマホとの相性バツグン
  9. Googleが最注力している

 

マイビジネスは無料で集客できる

この記事を読んでいる方には、有料のポータルサイトを使って集客している方も多いと思いますが、マイビジネスであれば無料で登録して集客をすることができます。

ポータルサイトのように、お金を払いさえすれば上位表示させることができる集客手法をオークションマーケティングと言います。

逆に、コンテンツの質によって上位表示させる集客手法をクオリティマーケティングと言います。

私達のような個人は、大手のように大量の広告費を投入できないので、クオリティマーケティングを選択するべきですよね。

 

MEOの上位表示の仕組みは対策できる

MEOは仕組みを理解し、対策を打てば、Googleマップ上で上位表示させることが可能です。

なぜなら、Googleの公式で、上位表示するための基準について発表しているからです。

この対策をする上での基準は後ほど解説していきます。

 

地域密着型の店舗と相性バツグン

皆さんはGoogleマップを利用する時に、どのように検索をかけるでしょうか?

恐らく多くの方は、「渋谷 サロン」「新宿 居酒屋」みたいな感じで、「地域名+業種・店舗など」で調べると思います。

マップと連動してるため、地域名を含めて調べるのですね。

 

サロンオーナー

確かに「地域名+業種」で調べることによって、渋谷のサロンを調べているのに、横浜のサロンが出てきた!みたいな状況を避けることができますね。
さらに付け加えると、MEOでは地域名を指定しなくても、検索ユーザーの位置情報から最適なサロンが表示されますよ。

ツルミ

 

MEOは、他の集客方法と違い、地域密着のビジネスととても相性が良いのです。

 

検索結果が最上位にくる

Googleの検索結果では、基本的にMEOが最上位表示されます。

以下の画像から分かるように、ホットペッパービューティーの記事よりも上位に表示されてますね。

 

SEOで上位に表示されなくても、お金を払ってリスティング広告を出さなくても、MEOで上位表示されればGoogle検索からの流入も得られるということです。

 

効果がわかりやすい

Googleマイビジネスを入れておけば、閲覧数、検索数、アクティビティ(マイビジネスを見たユーザーがどのような行動を取ったか)が一目瞭然になります。

どれくらいの人がどの経路からやってきて、どのような行動を取るかが分かれば、サロン集客を効率良く進めていくことができますね。

 

新規だけでなく、リピーター獲得もできる

リピーターを作るには、あなたの「ファン」を増やすことが重要でしたね。

そしてファンを増やすためには頻繁にコンタクトを取ることが大切でした。

 

実はGoogleマイビジネスでは、口コミに対する返信や、簡単な投稿などもできます。

返信や投稿が数多くあれば、Googleだけでなくお客さんからの評価のUPにもつながります。

 

さらにスマホ限定の機能になりますが、SNSのようなフォローフォロワーの関係もあります。

この機能を上手く活用していけば、フォロワーのお客さんに対して、サロンの最新情報をリアルタイムで届けたり、頻繁にコンタクトを取ることが可能になりますね。

 

競合が少なく、勝負しやすい

MEOは、世間的にはまだまだ認知されていないこともあり、競合が少なく、個人でも戦いやすいです。

 

例えばGoogle検索で「渋谷 サロン」を調べたとしましょう。

以下の画像のような結果が得られますね。

 

1 位から3位は言わずと知れたホットペッパービューティー、4位は楽天ビューティー、5位はオズモールという風になっています。

全て企業が運営するポータルサイトですね。

 

他にもSEOに精通しているブロガーやアフィリエイターも競合になります。

正直個人で勝負していくのはほぼ不可能な領域ですよね。

一方MEOであれば、ポータルサイトやブロガーなどと戦わなくてもいい分、個人でも勝ちやすくなっています。

 

スマホとの相性バツグン

基本的にMEOは、スマホ1台あれば全ての設定ができます。

また、お客さんもスマホ用のGoogleマップアプリで、近くのお店を調べて来店する場合が多いです。

現在はスマホを持っていない方が珍しい時代になっているので、スマホとの相性は非常に重要なところですね。

 

Googleが最注力している

Googleは今、Googleマップに巨額の投資をしています。

なぜなら、Googleマップと連動させた自動運転の時代に備えているからです。

 

あの世界のGoogleがバンバンお金を使って投資しているのですから、今後市場として伸びないわけがないですよね。

競合が比較的少ない今のうちに参入して、MEO上位を狙っていきましょう。

 

 

サロン集客の「MEO対策」するなら3つの対策基準をしろう

次は「MEO対策」する上での基準を解説していきます。

以下、Googleマイビジネス公式からの引用です。

ローカル検索では、主に関連性、距離、知名度に基づいて結果が表示されます。これらの要素を組み合わせて、最適な検索結果が表示されます。たとえば、遠い場所にあるビジネスでも、Google のアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。

 

サロンオーナー

ローカル検索って何?

 

ローカル検索とは、場所に関する検索が行われた時に、適切な場所の情報を表示させる仕組みのことです。

ここからは、MEO対策をしていく上で重要な3つの基準について解説していきます。

 

  1. 関連性
  2. 距離
  3. 知名度

 

サロンMEO集客① 関連性

関連性とは、ユーザーの検索とマイビジネスに登録した情報がどの程度一致しているかを示します。

あなたのサロンの充実した情報を適切に登録することで、ビジネスについてのより的確な情報が提供できるため、ユーザーの検索語句との関連性を高めていくことができます。

 

サロンMEO集客② 距離

距離とは、検索語句で指定した場所から、サロンまでの距離によって計算されます。

「渋谷 サロン」で調べて、横浜のサロンが上位にくるみたいなことは基本的に無いですよね。

 

また、検索語句に地域名が指定されていない場合は、検索ユーザーの現在位置情報に基づいて、上位表示されるビジネスが決定されます。

 

サロンMEO集客③ 知名度

知名度とは、あなたのサロンがどれだけ広く知られているかを示します。

例えば、カフェだとスターバックスなどが有名ですよね。

 

さらに、インターネット上でどれくらい紹介されているか(リンクや記事数など)、Googleの口コミ数やスコアなども知名度の指標として評価されます。

 

サロンオーナー

なんだ…。結局知名度の高い大手が有利なんだね…。
もちろん知名度は重要な指標の一つですが、上で説明した関連性や距離、その他の部分でカバーできるので安心してください。

ツルミ

 

MEOは、ポータルサイトと違って、お金を払えば上位表示できるような仕組みにはなっていません。

個人でもできる対策を1つずつ積み重ねていきましょう。

 

 

実際にあなたのサロンでMEO集客してみよう!

MEO集客を始める上で準備と運用の2段階があります。

まずは、MEO集客の土台となる「マイビジネス」を正確に登録していきましょう。

 

サロンオーナー

マイビジネスに情報を登録したら検索でどんな感じに見えるの?

 

例えば、Google検索で「ヘアサロン FREEVE」と検索してみてください。

 

赤枠のような感じであなたのビジネス情報が表示されます。

ウェブサイトや経路、所在地、営業時間、電話番号などなど様々なことを登録、表示できるようになっています。

 

ちなみにスマートフォンだと以下のように表示されます。

 

これだけを見ても、マイビジネスの情報をしっかり設定しておくことの重要性が伝わると思います。

 

それでは、早速あなたのサロンについてマイビジネスに登録していきましょう。

 

 

  • 手順1
    マイビジネスにログインする

     

    まずは以下のリンクからGoogleマイビジネスのトップページにアクセスしてください。

    ▶︎Googleマイビジネス

     

    リンクから飛ぶと、以下のページが表示されます。

    右上のログイン部分をクリックして、あなたのグーグルアカウントでログインしてください。

     

  • 手順2
    店舗名の登録

     

    既にマイビジネスの登録が終わっている方は、店舗名を入力して検索してください。

    初めて登録される方は、赤枠の「Googleにビジネス情報を追加」をクリックしてください。

     

    そうすると、以下の画面が表示されるので、店舗名を入力して次に進んでください。

     

  • 手順3
    カテゴリーとサービスの登録

     

    以下のような画面が表示されたら、あなたのサロンのカテゴリを入力してください。

     

    例えば、「エステ」という風に入力すると、以下のように候補が出てくるので、選択して次に進んでください。

     

    次に、あなたのサロンで提供しているサービスを追加していきましょう。

    タグの中にサービスが存在している場合はチェックを入れましょう。

    タグの中にない場合は、赤枠の「カスタムサービスを追加」の部分をクリックして、自分で追加してください。

     

  • 手順4
    サービスを提供する場所の登録

     

    次は、サービス提供をする店舗を追加していきましょう。

    サロン経営の場合は、店舗もしくは自宅までお客さんに来てもらうパターンがほとんどだと思うので「はい」を選択してください。

     

    ユーザーが実際に訪れる場所の追加で「はい」を選択した場合

    「はい」を選択した場合は、住所入力の画面に移るので、正確に入力して次に進んでください。

     

    商品配達や出張型のサービスを提供しているかどうかで「はい」か「いいえ」を選んでください。

     

    ユーザーが実際に訪れる場所の追加で「いいえ」を選択した場合

    サービスを提供する大まかな地域を選択して次に進んでください。

     

     

  • 手順5
    連絡先とウェブサイトの登録

     

    次に、連絡先とウェブサイトのURLを追加していきましょう。

    ウェブサイトが無い場合は、「ウェブサイトは不要です」を選択してください。

     

     

  • 手順5
    登録完了

     

    最後に、Googleでの最新情報を受け取るかどうか選択してください。

     

    ここまできたら、「終了」を押して登録を完了してください。

    お疲れ様でした!!

     

 

サロンオーナー

(ポチポチ…)やっとマイビジネス登録できた!
素晴らしい!1番大切な「正しくマイビジネスを登録する」というミッションがクリアできましたね。

これでMEOを始めるための準備は完了です!

ツルミ

サロンオーナー

やっと準備完了か…
大丈夫!

次は設定というよりもマイビジネスの運用なので、もう少しSNS感覚で楽しめますよ(笑)

次の記事で詳しく解説していきますね!

ツルミ

 

まとめ

今回は、MEOを利用するメリット、MEO対策をする上での基準、Googleマイビジネスへの登録について具体的に解説しました。

ざっと復習しましょう。

 

ざっくり復習
  • 小規模なサロンはクオリティ評価の「MEO」で集客
  • MEOの第一歩は、「Googleマイビジネス」を正しく登録すること
  • MEO集客の「3つの仕組み」を知ろう
  1. 関連性:ユーザーの検索語句とマイビジネスへ登録した情報がどれくらい一致するか
  2. 距離:検索語句で指定した場所、もしくは検索ユーザーの現在位置からの距離
  3. 知名度:ビジネスがどれくらい広く知られているか、また、口コミやスコアなど

 

MEOは無料で始められて、個人の集客手法として非常に有効なものだということを理解していただけたと思います。

そして、ここまで読んでくれたあなたに実際にアクションプランをご用意しました。

 

アクションプラン

「実際にあなたのサロンでMEO集客してみよう!」をもう一度読みながら、あなたのサロンをマイビジネスに登録してみましょう。

もしできたら私のSNSにも送ってみてください、可能な限りフィードバックしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です