サロン集客はSNSがあればホームページはいらない? | 年150店舗をみた結論

サロンオーナー

SNS集客やMEOをやってけば、サロンのHPは準備しなくて良いかな?

ツルミ

それも良いと思う! でも、ホームページがある方が受け皿になりやすいのは確かだよ! 解説していくね。

 

サロン集客にホームページは必須? 結論「必要です」

まずは結論から。

ざっくり結論
  • お客さんの状態は4タイプ「認知」「興味」「比較・検討」「購入」
  • これに沿って、集客手段を組み合わせると効果は「3倍」
  • それぞれの状態に適切な「集客手段」を持とう

 

集客のキモは「お客さんの行動を可視化すること」

まず集客を考えるときに必須なのは、「お客さんがあなたのサロンを選ぶまで何を考えるのか?」を知ることです。

この状態を可視化してみると、大きく4つに別れます。

 

  • 認知する(Attention)
  • 興味をもつ(Interesting)
  • 比較・検討する(Desire)
  • 購入する(Action)

 

ちなみに、マーケティング業界では、この考え方を「ファネル」や「AIDA」なんて呼んだりします。

この4つの状態それぞれに適した集客手段があります。

解説する中で、どこにホームページが出てくるかもアンテナを貼りながらみてくださいね。

集客手段を組みわせると効果は3倍に【具体例紹介】

今回は、MEOきっかけで新規のお客さんがきてくれるまでを考えます。

実際にここで紹介するステップに基づいて、集客の組み合わせを行い3倍に集客効果を増やした店舗もあります。

AIDAのステップ① 認知

あなたのお店を知ってくれるところから始まりますよね、「渋谷 サロン」などと調べますよね。

MEOであなたのお店を「知った」とします。

 

AIDAのステップ② 興味

 今回のお客さんはすでに「渋谷 サロン」と調べてるので、「サロンを探してる」お客さんであることは間違いないです。

元々興味があったと考えます。

 

AIDAのステップ③ 比較

実質的には、MEOのお客さんはここからの勝負です。

「渋谷のサロンに行きたい!」となったら、他のお店と「比較検討」しますよね?

きっとあなたのお店だけでなく、複数の店舗をタップしてみるはずです。

  • お店の雰囲気
  • 施術の雰囲気
  • メニュー(どんなメニュー、値段は?)
  • どんな風に口コミに返信してるか?

 

そして、情報収集のためいろんな情報を収集してくれます。

そこで、「ホームページ」があるのはプラス材料でしょう。

詳しく情報を見たい人に対して、別サイトに飛ばして、競合サロンがいない場所で情報を与えることができます。

 

AIDAのステップ④ 購入

実際にアクションしてくれます。

予約サイトや、MEO内から実際に予約をしてくれます。

 

このような形でSNSでも同じです、いくつかのサロンで悩んだら実際に名前で検索したりしますよね。

サロン集客に効果的なホームページの特徴を5つ紹介

こんな形で、集客の入り口になるというよりは「受け皿になる」「情報を与える」意味合いが強いです。

ホームページ制作の会社もやってる私が、どんな特徴を持ってるサイトがお問い合わせがきやすいか?という観点で書かせていただきますね。

サロン集客に効果的なホームページの特徴①:コンセプトに基づいたデザイン

1発目から抽象的な内容です(笑)

でも1番大切なんですよね。サイト制作をする際に1番最初に行うのが「コンセプトメイク」です。

一言いえば「どんなお客さんに、どんな価値を提供するのか。」というの決めましょう。ということです。

 

例えば、ペルソナを決めることは非常に重要ですよね。

▶︎ サロン開業の準備 | 失敗しない集客をするために必要なペルソナとは?

 

そして、今の状態をきちんと分析して「あなたのサロンが提供する価値」を決めていきましょう。

▶︎ サロン経営で知らないとマズい「強みと弱み」 | 必須フレームワークを解説

 

サロン集客に効果的なホームページの特徴②:パッと見のデザインが綺麗

業界用語でファーストビューと言ったりします。

ほとんどの人がWebサイトを訪れた際に、「続きをみるか?」を2秒で決めます。

 

そのため、ファーストビューのデザインは超重要です。

  • なんのお店かわかる
  • お店の雰囲気
  • スタッフとお客さんの様子

この辺を意識して「安心感」のあるファーストビューを目指しましょう。

 

サロン集客に効果的なホームページの特徴②:想いがある

あなたが「なぜサロンをやっているのか?」の想いは、最強の差別化要素です。

例えば、私の場合。

ツルミの場合

どんな人にも役割や個性があって、それを発揮させる場を作りたいんです。

 

このブログをやる理由は、「役割を全うしようと、努力してる人が活躍できる場」を提供するためです。

 

私のの会社で1人目の社員も、前職は美容師で店長をやっていた人でした。

特に美容業界は、独立しても「集客や経営がうまくいかずに廃業する人が多い」業界だと知りました。

 

元々、「美容が好き!カットが好き!」で美容師になるために勉強した人が、

技術は高いのに、集客で廃業するなんてもったいない…。

 

そんな人の助けがしたい、そう思ってスタートした事業です。

ぜひ一度、あなたのサロンのお悩みを聞かせてください。

全ては一つのクリックから始まります、ではお待ちしておりますね。

 

どうでしょうか? こんな形で思いに付随する形でストーリーを入れると、人はより共感しやすいですよね。

「元々は、自分も肌荒れに悩んでいてそれを克服したのがきっかけ」など悩みの共感を入れてみるのも有効です。

ぜひ自分の思いをストーリーに載せてみてくださいね。

サロン集客に効果的なホームページの特徴③:メニュー・料金がわかりやすい

できるだけシンプルなメニュー・料金ページを作りましょう。

「このコースを選ぶと何が体験できるのか?」が明確であるとお客さんも迷いません。

 

サロン集客に効果的なホームページの特徴④:スタッフ紹介がある

これは意外と忘れがちです。一人一人のスタッフの写真や紹介文、SNSなんかを載せましょう。

このブログでは何度もお話ししてますが、人はお店にはきません!ヒトはヒトにきます。

新規のヒトに安心感や、雰囲気を伝える材料になります。ぜひ載せましょう。

 

サロン集客に効果的なホームページの特徴⑤:スマホ対応してる

素人の人が作ったりすると、スマホ対応してるように見えても、細かいところでデザインが崩れることもあります。

プロの人に作ってもらったり、自分で作る場合にしても細かくチェックしましょう。

 

失敗するホームページ例:無料(格安)で作ろうとする

全くのど素人だと起こりがちなパターンです。

このケースは「意外と手間がかかる…。イメージしていたように出来上がらない…。」という結果に陥りやすいです。

今はいろんなサービスが普及してます。

しかし、それを自分の手で作ったり、練習中の友人が格安で作ってくれる系は、明らかに素人感が出やすいので、控えた方がいいです。

 

サロンオーナー

確かに!前にWIXで作ったんだけど私も素人だからあまりイメージ通りにいかなかった…

ツルミ

あまりビミョーなサイトを作っても、逆効果にもなり得るから注意ですね!

 

コストがネックなら、作らない。もしくは、分割で月額負担を小さくしてプロに作ってもらうのがオススメです。

僕の会社でも作ってるので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

まとめ

ここまでホームページの必要性と、良いホームページの条件を解説してきました。

じっくり読んで、実際にホームページを作る際や発注する際の参考にしてみてくださいね。

 

最後にアクションプランを紹介します。

アクションプラン
AIDAを復習してみよう。

お客さんに「何でサロンを知ったのか?」をヒアリングし、お客さんがAIDAをどう辿ってみたのかをメモに書いてみよう!

 

出来上がった方はぜひ、私のSNSにも送ってみてください。

また、ホームページや集客に関しても、ご相談に乗りますの気軽にDM飛ばしてくださいね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です