サロン開業の準備 | 失敗しない集客をするために必要なペルソナとは?

サロンオーナー

開業していくイメージはついた!何からスタートすればいいの?
まずは「ペルソナ」から決めていきましょう。

ツルミ

サロンオーナー

ペルソナってなに?お腹痛くなってきた…。
もう少しだけガマンして!詳しく解説しますね。

ツルミ

 

ペルソナとは、「理想の顧客像」のことです。

もう少し分かりやすく言うと、自分のサロンを経営する上で、お客さんになるであろう代表的な人物をイメージ化したものです。

このペルソナを明確に決めておくことによって、サロンの集客やサービスの質が圧倒的に高まります。

 

この記事ではペルソナの作り方から始め、なぜペルソナが必要なのかを具体的に解説していきたいと思います。

また、記事の途中ではオリジナルのペルソナ作成シートも無料配布しています。

このシートも見ながら、あなたのサロン経営におけるペルソナを完成させていきましょう。

 

サロン開業の準備 | 失敗しない集客をするために必要なテクニック

まずはざっくり結論を!

失敗しない集客をするために必要なペルソナ作り
  1. ペルソナとは、「理想の顧客像」のこと
  2. ペルソナを作ると、メッセージが明確になり「集客の成果」が出る
  3. ペルソナ作りのポイントは、相手の「生活がイメージできる」まで徹底的に

 

ペルソナの作り方

それでは早速ペルソナの作り方を見ていきましょう。

作り方とは言っても、そこまで難しいことはなく、ペルソナの情報を具体的に書き出すだけです。

ペルソナの情報
  1. 性別
  2. 年齢
  3. 身長
  4. 体重
  5. 住んでいる場所
  6. 職業
  7. 収入
  8. 一人暮らしor実家
  9. 家族構成
  10. 性格
  11. 趣味・特技
  12. 悩み、不安
  13. 将来の理想像
  14. 理想像に近づくために現在やっていること
  15. サービスを購入するまでの行動

 

ただし、この時に1つだけポイントがあります。

それは、必ず実在するペルソナを設定するということです。

 

やりがちなのが、全て想像だけでペルソナを設定してしまうことです。

できる限りSNSでのリサーチや知り合いへのインタビューを重ねて、実在するペルソナを設定してください。

既にサロンを経営されている方は、お客さんの一人をペルソナとして設定するのもいいかもしれませんね。

 

 

ペルソナ作成シート(サロンの教科書オリジナル)を無料配布します

 

サロンオーナー

ペルソナの情報をまとめて管理しておけるようなフォーマットみたいなものはないの?
そう言われると思って、ちゃんと準備しておきました(笑)

ツルミ

 

 

ここまで読んでいただいたお礼も兼ねて、オリジナルのペルソナ作成シートを無料配布します。

こちらからダウンロードして利用してください。

 

サロンオーナー

細か!こんなに細かく書く必要があるの?
はい。ペルソナの「日々の生活が想像できる」くらいまで頑張って書いてみましょう。

ツルミ

 

カスタマージャーニーマップの作り方

加えて余裕がある人は、カスタマージャーニーマップも作ってみてください。

サロンオーナー

また横文字が出てきた(笑)さっぱり分からないよ…。

 

カスタマージャーニーマップというのは、ペルソナがあなたのサービスを認知してから購入するまでの行動や思考を図式化したものです。

以下のような図のことですね。

カスタマージャーニーマップを作っておくことによって、各段階でのペルソナの行動や思考が明瞭になるので、集客の対策や改善をしやすくなります。

 

ペルソナの具体例

 

サロンオーナー

ペルソナの作り方は分かったけど、ペルソナを作ったところで本当に効果はあるの?
いい疑問ですね!具体例で見ていくとわかりやすいですよ

ツルミ

 

例えばお客さんとして、30歳独身で会社勤めの女性がいるとしましょう。

彼女には最近悩みがあります。

派手なネイルをしていたために、取引先の社長から注意を受けたのです。

そんな時にちょうど以下のようなネイルサロン広告を2つ、目にしました。

 

  • 子どもから大人まで全ての世代に大人気のネイルサロン!
  • 仕事の場でもおしゃれがしたい!OLさん向けの上品なネイルを施します

 

このような状況で彼女はどちらのサロンに来店する可能性が高いでしょうか?

確率としては後者のサロンに来店する可能性の方が高いでしょう。

 

サロンオーナー

確かに!後者のサロンの方がどんなサービスを提供しているのか明確にイメージしやすいね!

 

前者の広告では、ペルソナを明確にしていないがためにいまいち誰にも刺さらない広告になってしまっています。

一方後者の場合、ペルソナを明確にしているため、一部の人間に強く刺さりサロンへの来店につながるというわけです。

 

ペルソナを作るメリット・デメリットとは

ここまででペルソナの意味、作り方、重要性などざっくり理解していただけたと思います。

それではここからはペルソナを作ることによるメリット・デメリットを紹介していきます。

 

ペルソナを作るメリット

  1. 集客の質が高まる
  2. 顧客目線を持つことができる
  3. 顧客の満足度を上げられる
  4. 自信を持ってサービスを提供できるようになる

 

集客の質が高まる

ペルソナをしっかり絞ってアプローチする方が、闇雲にアプローチするよりも集客の効率が高まります。

もちろん多くの人にアプローチするという考え方は間違っていませんが、1000人にアプローチしても1人しか来店してくれなければ、経営としてやっていけません。

それよりもペルソナを絞った上で100人にアプローチし、5人のお客さんに来店してもらう方が絶対的に効率がいいですよね。

顧客目線を持つことができる

ペルソナを設定することで、顧客がどのようなことに悩んで、最終的にどのような姿になりたいのかが明確にイメージできるようになります。

ここまでイメージすることができれば、顧客が心から求めているものが理解できるので、自然とサービスの質も高まっていくはずです。

 

サロンオーナー

ペルソナをしっかり決めるだけで集客もできてサービスの質も向上して、いいこと尽くしだね!

 

顧客の満足度を上げられる

顧客側からしても、自分の悩みをダイレクトに解決してくれるようなサービスを受けられるわけなので、満足度は自然と高くなります。

また、このように一人のお客さんにとって満足度の高いサービスを提供できれば、リピートや紹介からの新規顧客なども増えていくはずです。

 

自信を持ってサービスを提供できるようになる

サロン経営をされている方の中には、自分自身のサービスやサービス料金に自信が無いという方が少なからずいます。

しかしここまで書いてきたように、しっかりお客さんの悩みを解決し、お客さんに満足度の高いサービスを提供できているという実感を持つことができれば、今までよりも自信を持ってサービスを提供できるようになります。

 

ペルソナを作るデメリット

  1. 時間と手間がかかる
  2. 自分の想像で間違ったペルソナを作ってしまう

 

時間と手間がかかる

ペルソナをしっかり作りこむとなると、SNSをリサーチしたり、知人インタビューしたりとそこそこ時間がかかります。

とはいえ、こんな声が聞こえてきそうです。

 

サロンオーナー

開業してすぐはやるべきことがたくさんあり、ペルソナどころではないよ…!
とてもわかります、最初は大変なことも多いですよね。もし、これを設定せずにただ広告費をずっとかけ続けるのはどうでしょう?

ツルミ

サロンオーナー

確かにもったいない…、お仕事がなくて暇になるよりは、30分でも時間作ってみるね!

 

もし現在設定せずに新規が取れてるなら、ちゃんと作成して発進したら数倍増える思ってください。

このペルソナを設定しておくことで、後の集客や商品設計などをスムーズに進められるようになります。

 

どんなに良い情報を与えても最後はあなたの行動が全てです、一緒に頑張りましょうね!

ちなみに、今回のアクションプランはこちらのペルソナ作成になってます。

 

自分の想像で間違ったペルソナを作ってしまう

想像や解釈だけで、ペルソナを作らないよう注意が必要です。「こういう人がいるだろう」という想像だけでペルソナを設定してしまうと、上手くいきません。

せっかく設定しても、イメージばかり先行してしまって、実際とは大きく外れた顧客像を作りかねないからです。

100%全てが現実のデータから作成するのは難しいですが、概ねの部分は作ると良いでしょう。

ここまでで何度か書きましたが、インタビューなどを駆使して、できる限り主観は入らないようにしていきましょう。

 

まとめ

今回は失敗しない集客をするためのペルソナというものについて解説しました。

ざっと復習していきましょう。

 

ざっくり復習
  • ペルソナとは、「理想の顧客像」のこと
  • ペルソナを作ると、メッセージが明確になり「集客の成果」が出る
  • ペルソナ作りのポイントは、相手の「生活がイメージできる」まで徹底的に

 

実際に1人の人間を鮮明にイメージできるようなペルソナを作ることが重要でしたね。

そして、ここまで読んでくれたあなたに実際にアクションプランをご用意しました。

 

アクションプラン

ペルソナ作成シートをダウンロードし、項目を全て埋めてみましょう。

さらに、知り合い1人(できれば自分にとって理想の顧客像に近い人間)にインタビューをしてペルソナ作成シートを更新しましょう。

もしできたら私のSNSにも送ってみてください、可能な限りフィードバックしますね!

 

またこちらの記事をみてない方は、ぜひご覧ください。ペルソナをはじめ、サロン経営に大切な考え方をまとめました!

サロン経営で知らないとマズい「強みと弱み」 | 必須フレームワークを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です